エソンの備忘録

至って無益な情報ばかりがあります。読んでね。

俺もトッポを鉛筆にする

 

 

エソンです。毎日親の顔よりTwitterを見ています。

 

f:id:ESON:20210814181606j:plain

こんにちは

 

 

先日、インターネットを見ていたらおもしろすぎるツイートを見かけました。

 

 

 わかりますかね。トッポは最後までチョコたっぷり。外側の黄色い層と中の茶色い層は完全に鉛筆の構造と一致しているので、削れば鉛筆になるだろうという発想です。天才すぎる。

 

 

 

f:id:ESON:20210814181900j:plain< なるほどね................

 

この僕エソンは大のトッポ好き。周りの硬い部分だけをガジガジ噛み尽くしてただのドロドロの棒状チョコにしてやったのも一度や二度ではありません。しかし鉛筆にするという発想は一度も思いつきませんでした。一本取られましたね。トッポだけに。

 

 

しかし、幸運なことにツイート主さんは鉛筆の製造にはまだ成功していない様子。もしかして俺、鉛筆を作ることに成功すれば後出しで勝ったことになる!?ならないか!?どうだ!?チャンスか!?!?.........行くぞ!!

 

 

 

 

 

買ってきました。

f:id:ESON:20210814181747j:plain

 

 

例のツイートで成功しなかったのは「鉛筆削り器」を使ってしまったからでしょう。もちろんそれで成功すれば最高にcoolなアイデアですが、残念ながら僕には難しそうです。僕は勝利のために手段を選ばない男。今回は大きなカッターを用意しました。古臭くこのでっかカッターでワイルドにトッポを削っていきます。

 

 

f:id:ESON:20210814181642j:plain

 

 

カッ

 

 

f:id:ESON:20210814223502j:plain

 

 

シュリ

 

 

 

f:id:ESON:20210814223513j:plain

 

 

シュリ

 

 

全然ピントが合いません。

 

 

削ってみて気づいたのですが、やっぱりトッポの生地はサクサクしています。思ったより薄くて、ちょっと削るとすぐチョコの層に到達してしまいます。こりゃあ食べる手がとまらないわけですわい。力を入れすぎて折ってしまうたびに口に放り込むと、一生ミスって折って食べ続けるのもいいかなと思ってしまいます。トッポ鉛筆工場の長に就任したら、製造ミスの廃棄処理ラインに並びたいと思います。トッポ、ウメ~~!!

さらに難しいのが、チョコが非常にクリーミーであること。口どけ滑らかなのに適度に固体であるチョコは、およそ鉛筆の芯には使えない触感。トロントロンしていてなんかえっちです。こりゃあ美味いはずじゃわいのぉ。ペロッペロッッ!!!

 

鉛筆を作るつもりが企業努力を垣間見てしまいました。

サクサク生地ととろけるチョコに苦しめられながらも地道に削ります。というかこんな美味しいものを削ると心も苦しいです。こういうの僕向いてないかもしれません。

 

ひとまず形はできました。あとは先端を整えるのみ。

 

 

f:id:ESON:20210814223525j:plain

 

ギュッ

 

本当は先端をカッターのみで僕の中二の頃の眼差しくらい鋭く尖らせたかったのですが、いかんせんチョコが誘惑的すぎます。艶かしいチョコを指先で軽くつまんで形を整えます。気が済むまで成形したら完成です。

 

 

 

 

 

できました。

f:id:ESON:20210814182332j:plain

できた

 

これが、あの天才すら到達できなかったトッポの鉛筆。三層の完璧なカラーリングに加えてお茶目な焼き目が織りなすトリックアート。真っ直ぐな芯との境目とギザギザの削り模様はまさに鉛筆そのもの。少し不恰好な芯の削り方も相まって、見る者全てのノスタルジーをこれでもかと掻き立てます。ペンは剣より強しと言いますが剣の上位互換が出てきてしまっては核兵器すら敵いません。食糧危機、教育の不均等を一挙に解決しぐるっと地球に一周、平等な虹をかける夢のような存在。そんな平和の使者をこの手で生み出してしまいました。トッポの鉛筆です。皆で手を繋いでこの鉛筆を持てばLOVE&PEACEのことしか考えられなくなるはずです。

 

 

 

f:id:ESON:20210814181900j:plain

実はこの写真、完成品を咥えている(従って、愛と平和を考えている)

 

 

 

いかがでしたか?

トッポを鉛筆にするという天才的発想をお借りして、カッターで削って指で押し固めるというストロングスタイルでの実現をしてみました。食べ物で遊ぶことと無縁な人生を歩んできた僕はこういうことをするのが初めてでしたが、結構上手に作れたと思います。皆さんもやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

最後に机の削りカスをしっかり残さず食べるので、トッポ鉛筆を作る方はこの工程を忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ESON:20210814181618j:plain

ペロペロ!!!!!!!!!!!

完食しました。以上です。

 

 

さようなら。

 

 

 

 

トッポ主・LOTTEとツイート主 磁・場 様に big respect!

磁・場 (@jiba_no_jiba) | Twitter